離婚

離婚

離婚届を出してもサインしてもらえない人のためへのアドバイス


【離婚問題解決20,000人の実績】離婚問題でお悩みのあなたに
便利通販♪ > 離婚

離婚したい

だんなが浮気をやめない、借金癖がひどい、
働いてくれない、主婦業をしない、家事を手伝わない、育児を手伝わない。

母親として、父親として、家族として、もうやっていけそうもない。

『毎日一緒にいるのが苦痛』

そんな状態で結婚生活を続けるのはつらいですよね。

結婚生活に不満がある人同士慰め合う掲示板や、
お互いの関係がもうだめだと自覚している夫婦がお互いに不倫、
浮気を認め合っているなんていうことも今は珍しくありません。

離婚届けを出したいけどできない。

そういう事情がある人もいますよね。

たとえば、娘、息子の養育費を払ってもらえそうもない。
経済的に不安定になるなら、嫌でもしない。

浮気の証拠がつかめず、踏み切れない。

様々な事情があると思います。
でも離婚したいという気持ちが強く、毎日嫌な思いをして、
愛がなくなった相手と一緒にいるのはつらくありませんか?

ネットで離婚したいとおもって検索する人がなんらかの理由で踏み切れないでいます。

離婚届

離婚届を用意するのは簡単です。

離婚届を持って相手を脅したり、覚悟を見せつけたりする人もいるみたいですが、
離婚届はちゃんと相手のサインと納得いった条件のもと、
しっかりといろいろなことを決めてから出すべきです。

たとえば、慰謝料や家のローンについて、子供の養育費については、

自分たちで決めるにはあいまいな口約束だけになってしまいがちで法的効力はありません。

離婚調停などして、しっかりと約束事を決めているならまだしも、
そうでない場合は離婚届をさっさと出してしまうのはその後の生活も心配です。

また相手がなかなかサインに応じてくれないこともあります。
なによりも子供がいる場合は届けを出すのは慎重にしたいところです。

離婚 子供

離婚届けを出せない理由の一つにあげられるのは子供。

まだ小さいから、受験に響くから、養育費が必要だから。
せめて娘・息子が成人するまではしたくない。

などなど、娘、息子を理由に離婚調停や届出を出せない事情を上げる人はたくさんいます。

ただ、親が不仲、親が浮気しているなどは子供は小さいながらも察して、
それが原因でぐれてしまったり、家出をしたり、病気になったりと、
まだ小さく幼い子でも高校生でもいい環境とはいえません。

本当に子どものことを考えるなら、修復の余地があるなら修復にがんばるなり、
そうでないならきちんと法的に婚姻関係を解消したほうが、子供の理解も得られる可能性が高いです。

子供のせいにして、なんでも子供のことを一番にと思って離婚しないことの方が、
子供にとってつらい環境になることがほとんどです。

子供のことが心配、子供のことが大事なら、きちんとした手続きを踏んで婚姻関係を解消すべき。

熟年になってがまんしてがまんして離婚届けを提出できたとしても、
その間の自分の人生まで子供のせいにはできませんよ。

離婚 トップへ戻る